HOME講演・シンポ[ 国際シンポ 2019 ]

自然史学会連合主催 国際シンポジウム

研究活動,資料収集,普及教育,アウトリーチを推進する
ツールとしての自然史博物館ネットワーク:
アジアの事例研究

シンポジウムの内容と目的

自然史系分野におけるアジア地域のネットワーク事例を材料に,博物館の将来像とその展望について考える.ネットワークの目的やそれを支える基盤は多様で,人のつながり,学問のつながり,研究プロジェクトのつながり,標本資料のつながりなど多岐にわたる.先駆的なネットワーク構築の試みについて紹介し,ネットワーク活動と博物館の役割について議論したい.また,ポスター展示によって,参加者相互の議論と交流をより深めたい.

シンポジウム:

2019年9月4日(水)午後 ・

京都大学医学部創立百周年記念施設 芝蘭会館稲盛ホール

使用言語:

英語

ポスター発表:

2019年9月4日(水)夕刻,9月5日(木)・京都大学総合博物館

参加費無料,事前申し込み不要

主催:

自然史学会連合・京都大学総合博物館

趣旨:

ICOM京都大会の開催にあわせ,自然史系博物館のネットワークに関するシンポジウムを開催する.本シンポジウムはICOM京都会議のサイドイベントに位置づけており,国内の研究者・学芸員と海外からのICOM京都会議出席者が本シンポジウムに参加し,両者がお互いに議論と交流を行う場になることを期待している.